無料映画動画まとめ

YouTube・FC2動画・ニコニコ・Dailymotionなどの無料で視聴出来る最新作映画や過去の映画・海外ドラマ・アニメをまとめています
無料映画動画まとめ TOP  >  2017年01月
新着無料動画






hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

柘榴坂の仇討/ざくろざかのあだうち

柘榴坂の仇討
【ストーリー】
彦根藩の下級武士・志村金吾は、家中随一の剣術の腕を認められ、藩主である大老・井伊直弼の近習に取り立てられる。直弼の人柄に惚れ込んだ金吾は、命に代えても直弼に仕えることを誓った。しかし、安政7年の桜田騒動の際、金吾は下手人・佐橋十兵衛を追いかけ行列を離れてしまい、その間に直弼は水戸浪士たちに討ち取られてしまう。主君を守れなかった大罪を犯した金吾に対し、彦根藩は打ち首の処罰を考えたが、金吾の罪を背負い自害した両親に免じて打ち首を取り下げ、その代わりとして「水戸浪士たちを討ち、直弼様の墓前に首を供えよ」と命じる。仇を探し全国を歩き回る金吾だったが、水戸浪士たちは見つからず、金吾は切腹を願い出るが「ご下命の撤回はない」と家老に言い渡される。失意に沈む金吾だったが、妻のセツに支えられ仇討のため水戸浪士たちを探し続ける。
桜田騒動から13年が過ぎた明治6年。既に彦根藩は存在せず、新政府の改革により武士も姿を消していた。しかし、金吾は13年前の命令を果たすため、ひたすら仇を探し続けていた。桜田騒動に関わった水戸浪士たちも江戸から明治へと時代が移る中で次々と死んでいき、唯一人生き残っていたのは、金吾がかつて追い詰めた十兵衛だけとなっていた。その十兵衛は既に刀を捨て、「直吉」と名を変え車夫として生きていた。
司法省の役人となっていた金吾の親友・内藤新之助は、武士としての矜持を持ち続ける金吾の姿を見て力になりたいと思い、かつて水戸浪士たちの取り調べを担当した元評定所御留役の秋元和衛警部に相談を持ち掛ける。同じ武士として金吾の助力を快諾した秋元は、金吾に十兵衛の居場所を教える。金吾は即座に十兵衛のところへ行くが、その日、新政府は「仇討禁止令」を布告する。
十兵衛の人力車に乗り込んだ金吾は、十兵衛が自分と同じように両親を失い孤独に生きてきたことを知る。人力車が柘榴坂を登り切ったところで十兵衛は車を止め、「自分を討ってくれ」と願い出る。金吾は自分の刀を与え、十兵衛に一騎討ちを願い出る。金吾と十兵衛は一騎討ちの末にもみ合いになり倒れ込み、十兵衛は再度自分を討つように願い出る。十兵衛を討とうとする金吾だったが、「命懸けで国を想う者を無下にするな」という直弼の言葉と「国を想う者に不当な処罰を与えれば、誰も国を想わなくなる」という秋元の言葉を思い出し、十兵衛に「新しい人生を生きてくれ」と諭し、十兵衛はその言葉を聞き泣き崩れる。一騎討ちの後、十兵衛は自分を慕ってくれているマサとチヨの母子の元に戻った。一方の金吾はセツの元に向かい、これまで自分を支えてくれたことに感謝の言葉を伝え、共に家路につく。
監督:若松節朗
出演:中井貴一、阿部寛、広末涼子、中村吉右衛門、高嶋政宏、真飛聖、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、藤竜也
制作年:2014年
制作国:日本
脚本:高松宏伸
原作:浅田次郎
音楽:久石譲
時間:119分
浅田次郎原作の時代小説を中井貴一と阿部寛主演で映画化。明治6年、武士の世が終わり仇討ちが禁じられた時代。既にない藩の命を守り、主君の仇を追い続ける男と、暗殺者の中で最後まで生き残り、武士を捨て孤独に生きる男の邂逅と行く末を描く。

バンクーバーの朝日

バンクーバーの朝日
【ストーリー】
1900年代初頭、多くの日本人が新天地を夢見てカナダへ渡った。しかし現実は、過酷な肉体労働や貧困、云われのない差別…という厳しさであった。そんな中、日本人街に野球チーム「バンクーバー朝日」が生まれる。体格で上回る白人チーム相手に負け続け、万年リーグ最下位であったが、彼らのプレイは日本人街の希望の光となっていった。ある年、キャプテンに就いたレジー笠原は、敵の三塁手が大柄で動きが鈍そうなことからセーフティバントを思い立つ、さらに盗塁を組合せて念願の得点を取ることに成功した。これをきっかけに、バントと盗塁を多用するプレースタイルを思いつく。その大胆な戦法は「頭脳野球」「サムライ野球」と呼ばれ、同時にフェアプレーの精神でひたむきに戦い抜く彼らの姿は、日系移民たちに勇気や希望をもたらし白人社会からも賞賛と人気を勝ち取っていき、シーズン最終戦に優勝を賭けた大一番を戦うまでになる。
朝日の活躍は、日系移民とカナダ人との垣根を下げるのに寄与したかと思ったが、泥沼化した日中戦争(支那事変)の打開を図るため、1941年12月、日本軍が真珠湾攻撃を行い太平洋戦争(大東亜戦争)が勃発すると、一転して日系移民は敵性国民として強制収容されることになってしまう。彼らが収容所から出たのは終戦後5年後、さらに朝日と言う野球チームの名誉が回復されるには60年の歳月が掛かることとなってしまった。
監督: 石井裕也
出演: 妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、高畑充希、宮崎あおい、貫地谷しほり、ユースケ・サンタマリア、本上まなみ、田口トモロヲ、徳井優、大鷹明良、岩松了、大杉漣、鶴見辰吾、光石研、石田えり、佐藤浩市
制作年:2014年
制作国:日本
脚本:奥寺佐渡子
時間:133分
戦前のカナダに実在した伝説の野球チーム・バンクーバー朝日の栄光と奇跡の物語を映画化。カナダの日本人街で生まれた野球チーム・バンクーバー朝日。貧困と差別、過酷な肉体労働の中で、やがて朝日は日本人街の人々の一条の光となっていく。

トリプルX 再起動/xXx: RETURN OF XANDER CAGE

トリプルX 再起動
世間から身を隠していたエクストリーム・スポーツ界のカリスマであるザンダー・ケイジが政府の極秘エージェントとなり、「パンドラの箱」と呼ばれる制御不能な軍事兵器を悪の力から奪回しようと、最強の敵シャンと戦うこととなる。スリルを求める連中から召集された新たなチーム“トリプルX”と共に、ザンダーは全世界の政府最高権力者たちをターゲットとした世界壊滅の陰謀に巻き込まれていく。
【監督】D・J・カルーソー
【出演】ヴィン・ディーゼル ニーナ・ドブレフ サミュエル・L・ジャクソン ドニー・イェン ルビー・ローズ トニ・コレット ディーピカ・パーデュコーン クリス ネイマール
【英題】xXx: RETURN OF XANDER CAGE
【製作年】2017年
【製作国】アメリカ
【時間】107分
【ストーリー】
エクストリームスポーツのカリスマにして、腕利きシークレットエージェントとしても名をはせたザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)に再びNSA(国家安全保障局)から声が掛かる。今回の彼の任務は、危険な敵の手に渡ってしまった世界中の軍事衛星装置を奪還すること。ザンダーはNSAがそろえた精鋭部隊を一蹴し、新たにチーム“トリプルX”を編成する。

バイオハザード ザ・ファイナル/RESIDENT EVIL:THE FINAL CHAPTER

バイオハザード ザ・ファイナル
カプコンのホラーアクションアドベンチャーゲーム バイオハザードシリーズを原作とした、実写映画版シリーズの第6作品目かつ最終作。
【ストーリー】
主人公のアリス・アバーナシーが目を覚ました時、その周りに広がっていたのは荒廃したワシントンD.C.だった。アリスはそこで巨大なコウモリのようなクリーチャー「ポポカリム」と死闘を繰り広げなんとか生還する。その後アリスは1人、廃墟と化したアメリカ合衆国議会議事堂や周辺の建物を徘徊するうちに、あるコンピューターの設置されている室内を見つける。その室内のモニターに映し出されたのはアンブレラ社の人工知能レッドクイーンだった。
レッドクイーンはアリスに「T-ウイルスに感染した、全てのものを抹消することのできる抗ウイルス剤をアンブレラ社が開発した。それはラクーンシティの地下にあるハイブのなかにある。そして、48時間以内に抗ウイルス剤を空気中へ放出させなければ、全ての人間が死亡し、アンブレラ社の真の目的が遂行されることになる。私は人類を尊重するようにプログラミングされている。しかし私はアンブレラ社に逆らうことが出来ないようにもプログラミングされている。あなたに人類を救ってほしい。」と伝える。
アリスは以前にハイブやアンブレラ・プライムでレッドクイーンが自分や仲間たちを殺そうとしたため、レッドクイーンに対し半信半疑であったが、最後の望みをかけ、ホンダシビック(FB型)でラクーンシティへと向かう。道中にアンブレラ社の隊員たちに襲われてしまうが、アリスは簡単に危機を脱する。しかし、アンブレラ専用のバイク(BMW)を使用しようとしたため、電気ショックが発生し、アリスは意識を失ってしまった。
意識が戻るとそこは、アンブレラ社の装甲車の中であった。その中には、アリスが以前に倒したはずの男、アイザックス博士が居た。アリスは移動中の装甲車の上で、アイザックスと死闘を繰り広げることになる。アリスはそこから無事に装甲車から脱出し、かつての戦友クレア・レッドフィールドや新たな仲間とともに、人類を救うため、アルバート・ウェスカーの居るハイブへと向かう。 ハイブへ向かう道中には様々な罠が仕掛けられており、アリスがそれを切り抜け最終決戦に挑む時、アリスは自らの驚愕な出生の事実を知ることとなる。
【監督・脚本・製作】ポール・W・S・アンダーソン
【製作】ジェレミー・ボルト
【出演】ミラ・ジョヴォヴィッチ イアン・グレン アリ・ラーター ショーン・ロバーツ オーエン・マッケン フレイザー・ジェームズ ルビー・ローズ ウィリアム・レヴィ ローラ エバー・アンダーソン イ・ジュンギ
【英題】RESIDENT EVIL:THE FINAL CHAPTER
【製作年】2016年
【製作国】アメリカ
【時間】107分
主題歌 L'Arc〜en〜Ciel「Don't be Afraid」
【ストーリー】
アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、レッドクイーンから48時間後に人類が滅びると告げられる。そして、宿敵アンブレラ社が放った膨大な数のアンデッドが地上を占領。アリスはラクーンシティに戻って、生還したクレアやコバルトらと合流し、アンブレラ社の心臓部であるハイブを潰そうとするが……。

東京難民

東京難民
【ストーリー】
時枝修は親からの仕送りで1人暮らしをしながら、仲間とつるんだりとなんとなく大学生活を過ごしていた。 履修の講義を出席する前に、出席のために必要な教室前の学生証リーダーを読み取ろうとしたところ、何度読み取ろうとしても時枝の学生証は読み取りエラーが出てしまう。同級生からも「一度学生課に行ったら?」 と言われ、不審に思い学生課に確認に行くと、学費がずっと未納であることを理由に大学を除籍になっていることを告げられる。両親とはすでに連絡が取れない状態であった。実家に電話をするが、繋がらない。地元の北九州に帰るが、父親の職場である設計事務所には差し押さえの公示が貼られていて、実家にもやはり両親の姿は無かった。
東京に帰ってきた修だったが、仕事を探し底をつく生活費に頭をかかえていた矢先に不動産屋がアパートにやってきて、2日以内に払えなければ出て行ってもらうと告げられた。
ネットカフェに寝泊まりしながら、ティッシュ配りの仕事に挑戦する中、ネットカフェで見つけた日給2万円の治験のバイトを見つけ、ティッシュ配りを退職し、その治験のバイトを終えて、久しぶりに高価な食事をするために店を探そうとした矢先に、職務質問され、UFOキャッチャーでとった折りたたみ式のナイフとレンチがついたライトがあだとなり、徒歩での警らの警官によって銃刀法違反容疑で逮捕されてしまう。素直に謝って起訴猶予処分としてもらい、釈放。しかしその帰りに行ったショットバーで知り合った瑠衣という女に騙され、ホストクラブで高額請求されてしまう。とても払えないと思った修はトップに頼み込み、ホストとして働いて金を返すことを決意する。
なんとか茜という指名客をものにしてホストを続けていた修だったが、瑠衣がツケをためたまま行方をくらまし困っていた順矢から頼まれ、茜から一夜を共にする事を条件に100万を借り順矢に渡す。しかし部屋で祝杯をあげ、目覚めると小次郎がその100万を持ち逃げしていた。
監督:佐々部清
出演:中村蒼、大塚千弘、青柳翔、山本美月、中尾明慶、金井勇太、落合モトキ、田村三郎、岡村洋一、大谷ノブ彦(ダイノジ)、吹越満、福士誠治、津田寛治、小市慢太郎、金子ノブアキ、井上順
制作年:2013年
制作国:日本
脚本:青島武
原作:福澤徹三
音楽:遠藤浩二
時間:130分
格差社会の歪みの中でもがく若者たちのリアルな姿を綴った福澤徹三の原作を佐々部清監督が映画化。

娚の一生

娚の一生
【ストーリー】何もかもに疲れ、仕事を辞めて祖母が暮らす田舎の一軒家でひっそりと暮らし始めた堂薗つぐみ。祖母の死をきっかけに、つぐみは大学教授・海江田醇と出会い…。
監督: 廣木隆一
出演: 榮倉奈々、豊川悦司、安藤サクラ、前野朋哉、落合モトキ、根岸季衣、濱田マリ、徳井優、木野花、美波、岩佐真悠子、紺野千春、朝倉えりか、若林瑠海、坂口健太郎、向井理
制作年 :2015年
制作国 :日本
脚本 :斉藤ひろし
原作 :西炯子
時間 :119分
西炯子の人気漫画を、榮倉奈々と豊川悦司主演で映画化した大人のラブストーリー。

マエストロ!

マエストロ
【ストーリー】
解散に追い込まれた中央交響楽団で歴代最年少コンサートマスターとして重責を担ってきた若きヴァイオリニストの香坂。期待していた海外のオーケストラから不採用の通知が届き途方に暮れていたところに、楽団再結成の案内が届く。半信半疑で指定された練習場に向かうと、そこはなんと廃工場。集まった団員も香坂と同じく移籍先の見つからなかった“負け組”たちばかり。そこになぜか、アマチュアのフルート奏者あまねも混じっていた。楽団員の間に戸惑いが広がる中、指揮者として姿を現わしたのは、薄汚れた風体の初老男性、天道。経歴も素性も不明のこの男こそ、今回の再結成を企画した張本人だったのだが…。
監督:小林聖太郎
出演:松坂桃李、miwa、古館寛治、大石吾朗、濱田マリ、河井青葉、池田鉄洋、モロ師岡、村杉蝉之介、小林且弥、中村倫也、斎藤暁、嶋田久作、宮下順子、淵上泰史、木下半太、中村ゆり、綾田俊樹、石井正則、でんでん、松重豊、西田敏行
制作年:2014年
制作国:日本
脚本:奥寺佐渡子
原作:さそうあきら
時間:129分
小林聖太郎監督がさそうあきらの原作を、松坂桃李、西田敏行、miwaらの共演で映画化した音楽ドラマ。
解散したオーケストラが再結成することになるが、集まったのはプロと思えないメンバーばかり。彼らは謎の指揮者・天道のやり方に反発するが…。

トロールズ/trolls

trolls.jpg
監督:マイク・ミッチェル(Mike Mitchell)、ウォルト・ドーン(Walt Dohrn)
脚本:ジョナサン・アイベル(Jonathan Aibel)、グレン・バーガー(Glenn Berger)
製作:ギーナ・シェイ(Gina Shay)
原作:トーマス・ダム(Thomas Dam)人形
キャスト(声優)
アナ・ケンドリック
ジャスティン・ティンバーレイク
ズーイー・デシャネル
ラッセル・ブランド
ジェームズ・ゴードン
グエン・ステファーニ
主題歌 ジャスティン・ティンバーレイク Can’t Stop the Feeling!
原題 Trolls
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間 92分

ぼんとリンちゃん/Bon Lin

ぼんとリンちゃん
【ストーリー】
地方都市に住む四谷夏子(通称”ぼん”)は16歳と62ヶ月を自称する大学生。友田麟太郎(通称”リン”)とはBL(ボーイズラブ)の同人誌やアニメ、ゲーム等をこよなく愛する幼なじみだ。ふたりは東京にいったきり連絡が取れない親友のみゆちゃん(通称”肉便器”)を探すため東京にやってくる。ネットゲームで知り合った会田直人(通称”べびちゃん”)に協力してもらいみゆちゃんが彼氏と同棲している部屋へ向かうが、、、
監督:小林啓一
出演:佐倉絵麻、高杉真宙、比嘉梨乃、桃月庵白酒
制作年:2014年
制作国:日本
制作:原田博志、財前健一郎
脚本:小林啓一
収録時間:91分
『ももいろそらを』の小林啓一監督が、腐女子とアニヲタの親友救出劇を描いた青春映画。

黒子のバスケ ウインターカップ総集編 ~涙の先へ~/Kuroko no Basket Movie 2: Winter Cup Soushuuhen - Namida no Saki e

黒子のバスケ ウインターカップ総集編 ~涙の先へ~
人気アニメ『黒子のバスケ』のウインターカップの激戦をまとめた総集編第2弾。
【原作】藤巻忠俊
【監督】多田俊介
【シリーズ構成】高木登
【キャラクターデザイン】 菊地洋子
【音楽】池頼広
【音響監督】三間雅文
【美術監督】鈴木路恵
【色彩設計】佐藤真由美 / 竹田由香
【撮影監督】荒井栄児
【CGIディレクター】磯部兼士
【編集】植松淳一
【主題歌】OLDCODEX
【出演】 (声の出演)小野賢章 小野友樹 斎藤千和 細谷佳正 浜田賢二 野島裕史 木村良平 保志総一朗 鈴村健一 谷山紀章 小野大輔 諏訪部順一 神谷浩史
【製作年】2016年
【製作国】日本
【上映時間】90分
【ストーリー】 ウインターカップ準々決勝に進んだ誠凛高校バスケ部は、「キセキの世代」の一人である紫原敦と、火神大我の兄貴分・氷室辰也を擁する陽泉高校との対戦が決定。鉄壁のディフェンスを誇る陽泉に苦戦する中、黒子テツヤの初得点シュートを皮切りに誠凛は徐々に追い上げる。一方、火神と氷室の勝負も熱を帯び、準決勝進出を目指す両校の激しい攻防戦が展開する。
検索フォーム
タイトル50音
ブックマーク
フリーソフト
洋画
邦画
海外ドラマ
アニメ